ASOBOアプリの評価と評判

恋の駆け引きなんてやめて欲しい

私が20歳の頃の恋愛です。友達からイイ子がいるから!と紹介されたのですが、私の方はそれほど気持ちは高まりませんでした。

なかなかテンションンの上がらない私をみて友人が、「相手の子がお前に好意を持ってるぞ」と教えてくれたのです。

しばらくして、相手の子から猛烈アプローチがきました。連絡を取り合い、2人で遊んでるうちに私も相手を好きになっていったのです...というか『好きにならされた』という表現が合うでしょう。

いつも間にか尻に敷かれるようになってい私は、彼女の要求に全て答えてました。しかし、ここからもう恋愛の駆け引きは始まってたのです。シャイだった私はキスまではしたのですが、それ以上はどうしても...。2人きりの夜でも私は何もしませんでした。

彼女の家、おそらくそれは『OKサイン』だと後でやっと気が付くような状態で、いわゆる私は草食男子でした。自分ではそれを『硬派なんだ』と勘違いしていたのです。

あんなに勢いのあった彼女の態度がガラッと変わり、急に冷たくなっていき、突然の彼女からの別れ話。

まんまと私は、彼女の手の平で踊らされていたのです。彼女は私と付き合う前に「恋の駆け引きの本」を読んで研究していたんだと、友達が教えられたのでした。

今でも、恋の駆け引きなんてやめて欲しいと思っています。

カテゴリー:終わった恋の話

二股なんて楽しい物ではありませんでした

二股なんて楽しい物ではありませんでした私は彼と出会うまで、自分が好きになった人とは付き合ったことがありませんでした。

平凡な出会いでしたが、初めて好きな人に想いが通じ、本当に幸せだと心から思えたのです。

いよいよ彼の家にお泊まりの日がやってきました。それまで夜の相性が合わないと思った人なんていませんでしたが、彼とは全く合わずショックでした。

それまで順調だった付き合いも徐々に疎遠になり、私はその頃友人の紹介で出会った男性と出掛けるようになっていたのです。彼に別れを切り出すこともせずに、私はその男性と一夜を共に...。

どちらかを選ばなければいけないと思いながらも、全く決められず落ち着かない時期を過ごしました。

二股っていうとそれまでは、同時に二人の男と付き合えるんだからきっと楽しいんだと思っていましたが、彼への罪悪感でいっぱいで苦しいだけでした。

彼には正直にもう一人の男性の事を打ち明けて別れようかと思いましたが、それをしても楽になるのは自分だけなんだと考え直し、何も言わずに彼と別れました。

結局もう一人の彼とも、すぐに上手く行かなくなり別れてしまったのです。私には二股恋愛は、絶対に無理だと分かった経験でした。

カテゴリー:終わった恋の話

このページの先頭へ