ASOBOアプリの評価と評判

価値観が違う相手との恋愛

私も決して繊細なタイプとはいえませんので、問題があったとは思います。しかしその点を考慮しても、以前お付き合いしていた彼はあまりに神経質で本当に困りました。

彼は思い出をとても大事にする人でした、と言うと良いことに思われますが、それも行き過ぎていました。例えばデートで行った映画の半券や、もらったプレゼントの包み紙まで捨てられないのです。彼はそれを箱に入れ、全部保存しているのです。そして、自分だけでやっていればまだいいものの、それを私にまで強制するのでとても困惑しました。

細かいのはそれだけではありません。一円単位で割り勘をする男はモテないと言われますが、彼はそんなものではありません。プレゼントを贈る時、彼は値段をレシートまでとっておいて私に知らせます。そして、私にはその金額かそれ以上の、彼が希望する品を贈るように強制するのです。

当時は好きだからそうして当然だと思っていましたし、男女平等だとも考えていました。

でも、今思い返せば彼のほうがはるかに高い給与をもらっていたはずなんですよね。 流石に限界だと思った私が別れを切り出すと、彼は献身的な自分が、どれだけわがままな私に尽くしてきたかを涙混じりに語ってきました。

根本的に合わないと感じ、それが別れる決定打となりました。極端に価値観がちがう人との交際は難しいと痛感した苦い恋の思い出です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:終わった恋の話

このページの先頭へ